WindowsにおけるTelnetのセットアップ


注意

今回インストールするものはWindowsクライアントです。
Windowsサーバーではありませんのでご注意ください。


Windows 7

スタートメニューを開き、「既定のプログラム」を開きます。
win7-2

「プログラムと機能」をクリック。
win7-3

「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック。
win7-4

「Telnetクライアント」にチェックを入れ、OKをクリック。
win7-5

Windows 8

まず「プログラムと機能」を開きます。
Windowsキーを押し、アプリケーション一覧から「既定のプログラム」を開きます。
win8-1

「プログラムと機能」をクリック。
win8-2

プログラムと機能を開くと「Windowsの機能のの有効化または無効化」をクリック
win8-3

「Telnetクライアント」にチェックを入れて「OK」をクリック。
win8-4

Windows 8.1

まず「プログラムと機能」を開きます。
Windowsマークを右クリックすると一番上にプログラムと機能があります。
win81-1

プログラムと機能を開くと「Windowsの機能のの有効化または無効化」をクリック
win81-2

「Telnetクライアント」にチェックを入れて「OK」をクリック。
win81-3

Windows 10

まず「プログラムと機能」を開きます。
Windowsマークを右クリックすると一番上にプログラムと機能があります。
win10-1

プログラムと機能を開くと「Windowsの機能のの有効化または無効化」をクリックし、「Telnetクライアント」にチェックを入れて「OK」をクリック。
win10-2

Windows 10 Creators Update

今までのWindowsと若干違いますが、ほとんど同じです。
まず「アプリと機能」を開きます。
Windowsマークを右クリックすると一番上にアプリと機能があります。
win10cu-1

アプリと機能を開くと下の方に「プログラムと機能」があります。 win10cu-2

プログラムと機能を開くと「Windowsの機能のの有効化または無効化」をクリックし、「Telnetクライアント」にチェックを入れて「OK」をクリック。
win10-2